1. HOME
  2. ブログ
  3. 壮麗な庭、醍醐寺三宝院 (特別史跡・特別名勝)

壮麗な庭、醍醐寺三宝院 (特別史跡・特別名勝)

三宝院は永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。醍醐寺の本坊的な存在であり、歴代座主が居住する坊です。
現在の三宝院は、その建造物の大半が重文に指定されている。中でも庭園全体を見渡せる表書院は寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建造物であり、国宝に指定されています。
国の特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭であり、今も桃山時代の華やかな雰囲気を伝えています。

母学プロジェクトの0期では、歴史的な建造物でもある三宝院やその庭も贅沢に鑑賞。
通常では他の観光客で賑わう建造物を参加者だけで見学することが出来ました。

母学プロジェクト1期の募集も開始しています。
開催日は2019年1月15~16日(水)
 詳しくはこちら

関連記事

facebook