1. HOME
  2. ブログ
  3. 山口県 般若寺 特別講演会【新しい地球からのメッセージ】

山口県 般若寺 特別講演会【新しい地球からのメッセージ】

∼天命の⾒つけ⽅∼
平成最後の春分の日、言宗御室派 神峰山用明院 般若寺にて映画『かみさまとのやくそく』上映会と“新しい地球からのメッセージ春分の光と共に”をテーマに般若寺住職 福嶋さま映画出演者 かがみ知加子の講演会を開催致します。

開催概要
⽇  時 :平成31年3⽉21⽇(春分の⽇)
  13:00  受付
  13:30~ 映画上映 かみさまとのやくそく
  14:30~ 特別講演 新しい地球からのメッセージ春分の光と共に
        般若寺住職 福嶋さま
        映画出演者 かがみ知加子
  17:30~ 仁王門にて『日想観』

参加費:3500
会 場:真言宗御室派 神峰山用明院 般若寺
所在地:〒742-1104 山口県熊毛郡平生町宇佐木1166
    Googlemapへ
申 込:⺟学プロジェクト事務局
    akita@hahagaku.jp 又は 090-2762-4862
主 催:母学プロジェクト
後 援:一般社団法人 ママ育協会

⽇想観

真言宗御室派 神峰山用明院 般若寺


⽇想観
 
西に沈む太陽を見、その丸い形を心に留める修行法。
極楽浄土を見る修行の一部で、観無量寿経に記される。

1400年前に創建されたと伝えられる、般若寺の 「仁王⾨」 の真ん中に、春秋のお彼岸の 「⼣⽇」が沈みます。これは⼤阪四天王寺で⾏われる「⽇想観」が般若寺でも⾏われていた事を示唆するものと考えられ、数年前から当⼭でも 「⽇想観」 を始めました。(同⽇、 宮中では 「春季皇霊祭」 が⾏われる⽇本⼈にとって⼤切な節⽬の⽇です)
 そもそも 「⽇想観」 とは、 先祖や先亡のおられる 「⻄⽅極楽浄⼟」 の⽅⾓に輝く 「阿弥陀如来」の 「⼣⽇」 に向かい、 各霊位の供養と感謝を捧げる為の法要です。
また、 般若寺では平成30年明治維新150年⽬の節⽬に、 「閻魔⼤王」 の鎮座される「⼗王堂」も復活し、「六道」 (地獄・餓⻤・畜⽣・修羅・⼈・天) が再び 「慈悲」 で束ねられました。
「⿓宮⻄⾨」 を守る仁王⾨に沈む 「⾦⿓神」 を表す 「⼣⽇」を拝み、
各地に災害が起きないよう、また諸災害の被災者の⽅々の供養と、 御縁ある⽅々の供養の為に、 そして 「御代替わり」 を控えたこの節⽬に 「⽇想観」 を⾏い 「国家安泰・国⼟安穏」 を祈ります。
このご仏縁に何卒参じられますよう、 ご案内申し上げます。
                             
・⼣⽇が⾨の真ん中に沈む期間 3⽉18⽇〜3⽉24⽇ 午後5時半以降
・⽇ 時 「⽇想観」 平成31年3⽉21⽇(春分の⽇)午後5時30分より
・場 所 般若寺仁王⾨前 ※⾬天決⾏
・内 容 般若⼼経などをおとなえし、 この世の平安を祈ります。
・お供え 有志の⽅からの、 お⼼の籠ったお供えを承っております。

般若寺 お問合せ
⼭⼝県熊⽑郡平⽣町⼤字宇佐⽊1166 般若寺
電話番号  0820-56-3636
携帯電話  090-4655-0437
「六⾓堂」 にて蘇った 「⼗王堂」お彼岸の期間は⼣⽇を拝みましょう

イベントお問合せ
申 込:⺟学プロジェクト事務局
    akita@hahagaku.jp 又は 090-2762-4862
主 催:母学プロジェクト
後 援:一般社団法人 ママ育協会

関連記事

facebook